ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2004年02月09日16:53(北京時間)



ドン・キホーテ社長が資金貸与 「株操作知らず」と強調



  東証1部上場の害虫予防駆除会社「キャッツ」の株価操作事件に関連して、東京都江戸川区にある本社の捜索を受けた大手ディスカウントチェーン「ドン・キホーテ」は同社の安田隆夫社長が9日までに東京地検特捜部の問い合わせに、「キャッツ株を担保に同社の創業者に個人的に金を貸したことはあるが、株価操作に使われたとの認識はない」と話したことを明らかにした。

  ドン・キホーテの稲村角雄・経営支援本部長が、株価操作事件とドン・キホーテは一切関係ないと強調する中で、安田社長と特捜部とのやりとりを明らかにした。

  同社によると、安田社長は、キャッツ創業者で前社長の大友裕隆容疑者(53)=証券取引法違反容疑で逮捕=と親交があり、再三金を貸してほしいと懇願されたため、キャッツ株を担保に個人的に金を貸した。貸与額は明らかにされていないが「株式が人為的に操作されていることを知っていたならば株を担保に融資することはない」などとしている。資金は3カ月で全額返済され預かった株式も返却したという。

  「asahi.com」2004年2月9日

  Copyright2003AsahiShimbun 記事の無断転用を禁じます。

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366