政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年03月01日13:30 (北京時間) 文字

イランが「ビンラディン氏拘束」発表 米国は否定





  イラン国営放送は28日、パキスタン北部のペシャワルにいる「信頼すべき筋の人」の話として、国際テロ組織アルカイダを率いるオサマ・ビンラディン氏が、「かなり以前に」パキスタンで拘束されたと報道し、これを同日、新華社通信テヘラン支局が転電した。米国やパキスタンの政府関係者は拘束を否定したが、イラク国営放送は「信頼できる情報」との立場を崩していない。

  問題の報道は同放送のパシュトゥン語番組でなされ、「ビンラディン氏が拘束されてからすでに相当の時間が経つが、ブッシュ米大統領はこの情報を大統領選挙の直前まで発表しない考え」と伝えられた。ラムズフェルド米国務長官が26日にアフガニスタンを訪問したことが拘束に関係しているとも報道した。

  パキスタンでは最近、西北地域でのアルカイダおよびタリバン残党の捜索が強化されている。一部西側メディアは「ビンラディン氏はパキスタン西部の山中に追いつめられた」と報道し、ラムズフェルド長官も26日のアフガン訪問時に「具体的な日時までは言えないが、ビンラディン氏はまもなく拘束される」と発言している。(編集KS)

  「人民網日本語版」2004年2月29日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:info@peopledaily.co.jp