政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年02月29日14:12 (北京時間) 文字

六カ国協議 米国「核問題に進展あり」との認識


  28日に閉幕した朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)の核開発問題をめぐる6カ国協議について、米国務院のスポークスマンは同日「根本的な対立が解消していないながらも、今回の協議では一定の進展があった」との認識を示した。

  同スポークスマンによると、参加者は「核のない朝鮮半島の実現」を目指して真剣に議論し、朝鮮に「完全で検証可能かつ後戻りできない核廃棄」を求めた。

  同スポークスマンは中国について「協議への参加だけでなく、準備からホスト国としての対応に至るまで、外交努力を積み重ねて重大な貢献をした」と賛辞を送った。(編集KS)

  「人民網日本語版」2004年2月29日

  

  

  

  

  



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:info@peopledaily.co.jp