政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年03月16日13:27 (北京時間) 文字

新型肺炎ワクチン、ボランティア30人に接種


  呼吸器疾患の専門家として知られる鐘南山院士(アカデミー会員)は15日午後、万和集団の寄付金伝達式で、研究チームを代表して記者の質問に答えた。

  鐘院士によると、研究チームでは、昨年から国・省・市など関係政府機関の強力な資金的支持を受けたほか、国内の多くの企業から無償援助を受けており、困難に直面する研究事業にとって大きな助けとなった。鐘院士は「中国の公衆衛生システムは、現在もまだ模索の中で整備・改善を急ぐ段階にある。国の公衆衛生防疫システムの構築に、より多くの民営企業が参加することを望む」と表明した。

  鐘院士は新型肺炎SARSのワクチン開発について、ワクチン培養は初歩的な進展を見せており、現在すでに臨床実験の段階に入っていることを明らかにした。ボランティア計30人がワクチンの接種を受け、現在観察期間中だという。(編集UM)

  「人民網日本語版」2004年3月16日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:info@peopledaily.co.jp