政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年03月31日18:09 (北京時間) 文字

中国で受信されたスパムメール、昨年は1500億通


  中国インターネット協会によると、国内のメールサーバが昨年に受信したスパムメールは1500億通に達した。うち60〜80%はメールサーバにより処理されたが、残る470億通は利用者のメールボックスに配信された。

  統計によると、中国のネット利用者は昨年、1人当たり平均1.85通のスパムメールを受け取っている。こうしたメールの処理のために費やす時間は、1人当たり3.65分に達する。全国のネット利用者を合わせると、年間のべ15億時間が浪費されている計算だ。

  スパムメールに関するデータベース・SBLによると、スパムメールの被害が深刻な国・地域ワースト10は、大半がアジア勢で占められている。中でも中国は米国に次ぐ世界2番目の被害国だ。SBLによると、中国のネット利用者が受け取ったスパムメールの合計は、すでに世界の10分の1に達しており、今後は5カ月ごとに倍増すると予測される。(編集UM)

  「人民網日本語版」2004年3月31日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:info@peopledaily.co.jp