政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年03月31日18:26 (北京時間) 文字

エイズ患者による講演団発足へ メンバーは農村出身


  中国性病エイズ予防抑制センター・治療ケア室の張福傑主任によると、衛生部の出資により、エイズ患者による巡回講演団が近く発足する。巡回講演団は、各省のエイズ総合対策モデル地区に赴き、現在すでに薬の服用をやめたり、規則的に薬を服用していない患者の指導を実施する。メンバーはすべて農村出身者で、無料のカクテル療法を受けた治療効果の比較的良い患者が選ばれる。張主任は「患者の切実な感性や経験によって、患者を説得するのが最も良い」と述べる。こうした方法も、医学的手法の一種という。張主任によると、巡回講演の狙いは、患者が医療行為を受け入れるよう健康教育を行い、病人が治療の意義・目的や、医師の支持に従って薬を服用することの重要性を十分に理解させることだ。これにより、患者が時間どおりに薬を服用し、薬の服用や定期的な診察を続ける主体性、積極性を起こさせる。張主任は「患者を適切に教育すれば、エイズ治療の効率が倍増する」と語った。(編集UM)

  「人民網日本語版」2004年3月31日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:info@peopledaily.co.jp