政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年05月14日13:51 (北京時間) 文字

中国のインターネット利用者、今後5年で世界1位に


  グローバル総合金融サービス企業のモルガン・スタンレーがこのほど発表した中国のインターネットに関する最新報告によると、2003年に中国のインターネット利用者は8千万に達し、米国に次いで世界2位になった。今後5年間で世界1位に躍進することが見込まれる。

  同報告は「世界の他の地域と同じように、インターネットは中国の若年層の心理にマッチし、費用も負担可能な範囲にある。最も重要なのは、インターネットは携帯電話からの接続が可能であるため、多くの中国人利用者にとってショートメッセージの発信やオンラインゲーム、情報収集、その他の社交活動の手段になっているということだ」と分析し、「このため無線ショートメッセージとオンラインゲーム技術の中国市場における普及率は米国をしのぐ」と指摘する。(編集KS)

  「人民網日本語版」2004年5月14日

  



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:[email protected]