政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年07月14日11:33 (北京時間) 文字

「重慶大爆撃」中国側弁護団の日本人弁護士が決定


  旧日本軍による「重慶大爆撃」に対する賠償請求訴訟の原告団はこのほど、重慶市渝州中小企業法律サービスセンターと業務委託に関する合意書に正式に調印し、重慶に対する5年にわたる野蛮な爆撃について日本政府を起訴し、民間被害者への賠償を求める中国側弁護士団の組織を委託した。

  同センターの甘暁静主任の説明によると、旧日本軍による「重慶大爆撃」の被害者は5万人以上で、現在は400人以上が賠償を求めている。被害者の平均年齢は60代で、最高齢者は90歳余り。

  中国側弁護士団の人数は20人以内となる予定で、弁護士団の首席弁護士は西南政法大学の凌剛・民商法助教授に、特別法律顧問は同学の李金栄・国際法教授にすでに確定した。

  原告団の陳銘秘書長によると日本側の弁護士もほぼ確定している。日本の一瀬敬一郎弁護士が原告団の訴訟委託を受け入れ、8月ごろに重慶を訪れ、中国側弁護士団と打ち合わせや証拠収集を行う予定。(編集SN)

  「人民網日本語版」2004年7月14日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:[email protected]