政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年08月16日10:37 (北京時間) 文字

南京大虐殺を研究する日本人教師、記念館が表彰


  侵華南京大虐殺遇難同胞記念館(南京大虐殺記念館)は15日、第1回目の「南京大虐殺史調査研究特別貢献賞」を、日本人教師の松岡環さんに授与した。

  同日、松岡さんを代表とする日本の「銘心会」訪中団は同館を訪れ、犠牲者に哀悼を捧げた。松岡さんは開館以来の19年間、毎年この日になると日本の友人を連れて訪中し、反戦平和集会を催している。

  松岡さんらは、南京大虐殺の生存者180人の家庭への取材を基にした「南京戦・切りさかれた受難者の魂」や、南京大虐殺に加わった旧日本兵への取材を基にした「南京戦 閉ざされた記憶を尋ねて―元兵士102人の証言」などの著書を日本で出版し、大きな反響を呼んだ。松岡さんはこのために日本の右翼分子から非難や脅迫を受けたが、動じることはなく「私が話していることはすべて事実。正義と良心が、このようにするよう私を駆り立てる」と語っている。(編集NA)

  「人民網日本語版」2004年8月16日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:info@peopledaily.co.jp