政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年08月24日18:07 (北京時間) 文字

北京のグリーンカード申請第1号は83歳の米国女性


  外国人の永久居留に関する新制度の導入に伴い、新永久居留証(中国版「グリーンカード」)の申請手続きが、23日に開始した。北京市の出入境管理処では10人の外国人が手続きを行い、83歳の米国人女性・寒春(中国名)さんが、グリーンカード第1号申請者となった。

  寒春さんは、すでに中国在住56年。北京農業機械化学研究員の研究者として、現在も養牛場で仕事を続けている。寒春さんは、国家建設への重大な貢献を評価され、1986年に他の外国人研究者23人とともに、北京市公安局から永久居留証書を授与された。今回は新しい「グリーンカード」への書換えを申請した。

  寒春さんの前には、中国米国商会のチャールズ・マーティン会長も訪れ、申請手続きに関する問い合わせをした。マーティン会長はグリーンカード制度の導入について「中国の改革開放とグローバル化のプロセスだ」と語る。

  北京市出入境管理処の杜太原処長は、申請手続きについて「対象となるのは北京市に居住し働く外国人。市公安局出入境管理処で申請を受け付け、公安部が審査する」と説明する。制度発足から間もないため、出入境管理処の問い合わせ電話や公式サイトでは、まだ関連情報を提供していない。詳しい手続き案内を現在作成中だが、現在のところ質問は出入境管理処で直接受け付けている。(編集NA)

  「人民網日本語版」2004年8月24日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:[email protected]