「北京原人」後頭骨の化石、9月に博物館で展示


  本物を見たことのある人は非常に少ない「北京原人」頭蓋骨後頭部の貴重な化石が、9月30日から10月14日まで、北京・周口店の北京原人遺跡博物館で展示される。現在、世界でわずかしか残っていない北京原人の頭蓋骨化石は発見から38年たっており、国内での展示は2回目。昨年は頭蓋骨の前頭骨を展示した。

  今回展示される頭蓋骨は後頭骨で、1966年に発見された。当時は後頭骨のほか、前頭骨一つ、歯1本、石器173個、火を使った跡と大量の動物化石が次々と発見された。前頭骨と後頭骨は現在、世界にわずかに残る北京原人の頭蓋骨化石で、あまりにも貴重なため、30年以上にわたって国内では展示されたことがない。実際に本物の化石を見たことがあるごく少数の専門家だけでなく、博物館職員も目にする機会がなかった。前頭骨は昨年、遺跡博物館で短い間展示された。(編集ZX)

  「人民網日本語版」2004年8月24日




広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:[email protected]