中国はまだ競技スポーツ強国ではない 袁偉民団長


  アテネ五輪中国代表団は五輪閉幕式の前にプレスセンターで記者会見を開き、袁偉民団長ら代表団の幹部が出席した。

  会見では、中国が今回金メダル32枚を獲得したことを受け、中国のスポーツの世界における地位に関する質問が相次いだ。

  これについて、袁団長は「われわれが獲得した金メダルは少なくないが、中国が競技スポーツ大国になったとは私は思わない。私は中国が競技スポーツの強国やスポーツ強国になることを望むが、現在はまだ比較的大きな格差がある。われわれは格差を縮める努力をしており、2008年までに、あと4年間で、この格差をさらに縮めたい」と述べた。

  また「シドニー五輪で中国は金メダル28枚を獲得した。袁団長は当時、中国はまだスポーツ強国ではないと話したが、スポーツ強国の基準とは何か」との問いに対しては、次のように答えた。

  スポーツ強国であることは、国民の資質、身体的資質、スポーツ施設など多くの面に表れる。さらに、一般市民のスポーツへの意欲、スポーツへの参加の程度、個人のスポーツ関連消費の水準のほか、スポーツ産業、競技スポーツのレベルも当然含まれる。このため、スポーツ強国とは総合的な概念であるはずだ。(編集SN)

  「人民網日本語版」2004年8月31日




広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:[email protected]