政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年10月07日13:54 (北京時間) 文字

肉食恐竜ティラノサウルス類に羽毛 中国で新種化石


  中国遼寧省の白亜紀前期の地層(約1億4000万〜1億3000万年前)から、羽毛の原形とみられる繊維状の構造を持つ肉食恐竜ティラノサウルス類の新種が見つかった。中国科学院や米自然史博物館などのチームが7日付英科学誌ネイチャーに発表する。ティラノの類では最古のものだ。

  見つかった化石は鼻骨や歯などの特徴からティラノサウルス類と分類された。全部で4体分の化石が発見されたが、最大でも推定全長1.6メートルだった。肉食恐竜の中で最も大型化したティラノサウルス類が初期は小型だったことが分かった。

  尾と下あごの骨のそばには繊維状の構造があった。松葉状に二股に分かれているものもあり、同じ地層から羽毛恐竜が見つかっていることから、研究チームはこの構造を羽毛の原形と結論づけた。肉食恐竜と鳥は共通の祖先を持つという説を改めて裏付けた。

  大型恐竜のイメージとは反して小型であることから、ラテン語の「逆説的」という語と合わせ、「ディロング(皇帝竜)・パラドクサス」と命名された。

  真鍋真・国立科学博物館主任研究官は「初期のティラノサウルス類が小型で羽毛を持つ恐竜だったと化石で証明されたのは面白い。ティラノサウルス・レックスのように大型化したときに羽毛があると体温が上がりすぎる恐れがあるが、一部の羽毛は残っていたかもしれない」と話す。

  (10/07 03:06)

  「asahi.com」 2004年10月7日

  Copyright 2004 Asahi Shimbun  記事の無断転用を禁じます。

  

  



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:info@peopledaily.co.jp