政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年10月12日18:02 (北京時間) 文字

太った北京っ子 市民健康栄養白書を発表


  北京市衛生局は11日午前、最新の「北京市民栄養・健康状況」調査状況結果(白書)を発表した。

  市民の食物消費状況を見ると、北京市民は栄養過剰な一方で、微量栄養素の摂取が不足しているという。コレステロールと塩分は摂取過多で、ビタミンAとカルシウムの摂取が不足している。

  今回の調査結果によると、現在、北京市の15歳以上の住民が高血圧疾患になる率は25.0%で、そのうち男性が女性よりも少し多い。高血圧疾患になる割合は年齢が上がるほど高くなり、45歳以上の中高年では50%を上回っている。

  調査はまた、北京市民で標準体重の超過、肥満の人の割合が著しく上がっていることを示している。成人の標準体重超過率は37.1%、肥満率は22.4%。男女別では、標準体重超過率が男性38.1%、女性36.2%。肥満率は男性20.0%、女性24.3%だった。

  多くの研究では、肥満、高血圧と糖尿病などの疾病はいずれも運動不足と密接に関係している。

  今回の調査結果によると、北京市民で運動をしている人の割合は、25歳以下で34.7%、60歳以上で59.5%、25−59歳でわずか28.6%のみ。労働力人口の運動に対する関心を高める方策が早急に必要だと説明している。

  北京市でこれだけ大規模に市民の健康調査をしたのは初めて。市内18区・県の7518世帯、30402人が調査に回答した。(編集ZX)

  「人民網日本語版」2004年10月12日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:[email protected]