政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年11月08日18:06 (北京時間) 文字

フジチク会長ら逮捕 BSE対策絡み、輸入牛肉偽装容疑


  牛海綿状脳症(BSE)対策として実施された牛肉の買い上げ事業に絡み、約1200トンを買い上げ申請した「愛知県同和食肉事業協同組合」(愛同食)が、対象外の肉を混ぜたとして、名古屋地検と愛知県警は8日、代表理事で大手食肉卸「フジチク」(名古屋市)グループ会長の藤村芳治容疑者(62)=名古屋市千種区千種1丁目=ら7人を補助金適正化法違反の疑いで逮捕した。仕入れた「輸入肉」190トン余を別の箱に詰め替えて「国産」に偽装したとされ、同社本社などの捜索に乗り出した。愛同食の申請分は、一部が架空だった疑いもあり、同地検などが一連の工作の解明を進める。

  雪印食品に端を発した牛肉の偽装は、今年4月、大阪府警に摘発された大手食肉卸「ハンナン」(大阪市)に続き、中部地方の最大手の食肉卸業者に波及した。

  ほかに逮捕されたのは、フジチクグループの中核企業「ムッターハム」(名古屋市熱田区)の元専務梅原欣志郎(57)▽同社常務渡辺強(54)▽同社執行役員丸山二三一(37)▽同社経理課長山田史郎(51)▽愛同食事務長丸山温司(40)▽愛知食肉卸売市場協同組合職員伊藤宏哉(38)――の各容疑者。

  調べでは、愛同食は01年12月ごろ、ハンナングループの「ダイナンフーズ」から仕入れた輸入肉193トンが買い取り対象外であることを知りながら、国産牛と偽って全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)に計1246トンの買い上げを申請し、補助金約23億8000万円を受給。今回の逮捕容疑はこのうち、保管事業の補助金として、3億数千万円を同月初旬ごろ、不正に受け取った疑い。

  仕入れた輸入肉は同年10月末にムッターハムに運ばれ、輸入肉と分からないように箱を詰め替えるなどしたうえで、同グループの倉庫に保管していた。

  捜査当局は、愛同食が申請した中には、ハンナングループ以外からも購入した対象外肉が混ぜられているほか、実際は肉はなく、つじつまあわせのために伝票を偽造した架空申請分が含まれていた疑いが強いとみている模様だ。

  愛同食は、藤村芳治容疑者らが76年、輸入・国産牛の共同購入や事業資金の貸し付けなどを目的に設立。幹部や加盟業者の大半はフジチクグループが占めていた。

  「asahi.com」 2004年11月8日

  Copyright 2004 Asahi Shimbun  記事の無断転用を禁じます。



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:[email protected]