政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2004年11月25日15:34 (北京時間) 文字

第2次大戦ドラマ「記憶の証明」、12月に放送へ


  中国テレビドラマ制作センターは24日、テレビドラマ「記憶的証明(記憶の証明)」(全29話)を12月5日から中央電視台(CCTV、中央テレビ)で放送することを発表した。同ドラマは2003年に収録・編集が完了したが、外交問題に関わる題材のため、これまでに何度も修正が繰り返された。

  同ドラマは第2次世界大戦の時代を描いている。日本でさまざまな虐待に遭った中国人労働者のうち、唯一の生存者が戦後、証拠探しのために日本へ渡るというストーリーだ。

  監督を務めた楊陽氏は、ドラマの制作で苦労した経験や感想について語り始めたとき、こらえ切れず涙を見せた。「2001年に台本を読んだ。その後、日本の教科書問題をニュースで知り、これは後の世代に先の世代の犯罪行為を知らせないためだと思い、ドラマ撮影を決心した。被害者に代わって訴える人がいなくてはならない。『記憶的証明』は単純なテレビドラマではない。われわれ制作スタッフ全員が心・感情・涙をこめて作った作品だ」と楊監督は話す。

  劇中で「岡田」という姓の登場人物を演じた俳優の矢野浩二さんは、「私が演じたのは『日本の侵略者』だとわかっているが、後悔していない。このドラマは日本最大のテレビ局、NHKが放送し、より多くの日本の若者に見せるべき。なぜなら日本の若者は過去の歴史をあまり知らないからだ」と話している。

  劇中には日本語の台詞も多く出てくるが、視聴者のためにすべて吹き替えにされた。自らもアフレコに参加した吹き替え担当制作会社の喬臻社長は、「このドラマのために最高のスタッフを用意し、作業も非常にスムーズに進んだ。このドラマの深い内容がわれわれを動かしたと言えるだろう」と話した。(編集SN)

  「人民網日本語版」2004年11月25日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:[email protected]