内側全体に壁画 前漢時代の陵墓を発掘 西安





  陜西省西安市文物保護考古所(文化財・考古学担当部門)は今年初頭、同市南郊外にある岳家寨村西北で前漢時代(紀元前206〜紀元8年)のものとみられる陵墓を発見した。数カ月にわたる発掘により、壁画を持つ珍しい前漢時代の陵墓であることが分かった。陵墓の平面的な構造は「甲」の文字に似ている。陵墓は南向きで、被葬者は北側に埋葬されていた。レンガでつくられた墓室は南北4.6メートル、東西2.08メートルで、内側全体に壁画が描かれている。専門家は、こうした壁画を持つ陵墓は中国では非常に珍しく、中国古代美術史や文化史の研究に重要な価値があるとしている。(編集NK)

  「人民網日本語版」2004年11月29日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]