政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年01月21日17:53 (北京時間) 文字

上海で小規模地震が増加 海面上昇も深刻


  上海地震局の地震専門家、劉文竜氏は20日、上海市防災協会が開いた「地震津波防災科学技術サロン」で、上海では昨年、小規模の地震が一昨年より著しく増えていたことを明らかにした。2003年は「小震」が24回、「4級」は一度もなかったが、昨年の上海では「1級」以上の地震が35回あり、そのうち「3級」が2回、「4級」が1回あった。

  頻度の増えた小規模地震活動を除き、上海はさらに強風による増水や海面潮位の上昇といった海洋災害に直面している。上海海洋局科学技術処の崔海霊処長によると、強風・暴風は上海の海洋地域における主要な災害で、深刻な強風・暴風も津波を誘発する可能性があるという。建国以来、上海はすでに22回に及ぶ強風による高波が起きている。平均すると2、3年に1度起きていることになる。海面潮位の上昇は潜在的災害で、約50年近く、中国沿岸の海面は毎年2.5ミリ上昇しており、2013年までに上海の海面は2000年の時より35ミリ上昇している可能性がある。

  崔処長は「上海は早期に海洋環境観測ネットワークを築くべきだ。海洋局、気象局、地震局は現在、ネットワーク構築の基礎的整備を始めている。海洋地震観測所はすでに整備中だ」と話している。(編集ZX)

  「人民網日本語版」2005年1月21日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp