「ソウル」の中国語表記、「漢城」から「首爾」へ


  韓国の首都ソウル市の李明博市長は19日の記者会見で、「ソウル」の中国語表記をこれまでの「漢城」から、現地語の発音に近い「首爾」に変更することを発表した。

  李市長によれば、米ワシントンは中国語で「華盛頓」、英ロンドンは「倫敦」、ロシアのモスクワは「莫斯科」など、全て現地音を元にした表記になっている。一方、「ソウル」の中国語表記は、現在は使われていない古代の名称「漢城」が採用されている。

  中国と韓国の交流の進展につれ、名称をめぐる混乱が増えつつある。ソウル市は1年余りの意見募集の結果、ソウルの新しい中国語表記を「首爾」に決定した。新表記には「第一の都市」の意味も込められている。(編集NK)

  「人民網日本語版」2005年1月21日

  




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]