政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年03月09日09:57 (北京時間) 文字

「中国は偽ブランド大国ではない」 国家質検総局


  国家質量監督検験検疫総局の王秦平副局長(全国政協委員)は8日、人民網主催のチャット交流活動で「中国は偽ブランド大国ではない」との見解を示した。

  王副局長の発言は次の通り。

  中国が「偽ブランド大国」だと言うのは余り適切でない。偽ブランドは世界的問題で、中国にも確かにこのような問題が存在するが、だからといってすぐに中国が偽ブランド大国だとはいえない。

  中国は製造業大国で、多くの企業が世界的ブランド品の加工を行っている。委託加工やOEM(相手先ブランド生産)を行う時、原材料を余分に購入することもある。ブランド側の予約購入数を満たした後、工場は余剰品をコストと等価またはやや高い価格で販売する可能性もある。中国にはこうして多くの低価格の「世界的ブランド品」が増え、「偽ブランド」という客観的事実が生まれた。こうした状況は、知的財産権を尊重し、法律を守る意識が人々に不足していることの表れだ。関係部門が監督を続けることにより、こうした現象は根本的に変化していくだろう。(編集NA)

  「人民網日本語版」2005年3月9日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp