政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年04月13日17:07 (北京時間) 文字

温総理が対日デモに言及「日本当局は深く反省を」


  温家宝国務院総理は、南アジア4カ国訪問を終えるにあたって、宿泊先のホテルでインド主要メディアとインド駐在の外国人記者と会見し、質問に答えた。

  ――中国でこのほど日本の教科書事件に対するデモが起きた。これは中日関係にどんな影響をもたらすか。中国は日本が国連安全保障理事会の席を求めていることにどんな姿勢を持っているのか。

  中日関係の核心問題は、日本が歴史に正しく対応しなければならないという問題だ。前世紀に日本が起こした当時の侵略戦争は、中国だけでなく、アジアに、世界人民にも深刻な災いをもたらした。最近、中国を含む日本の一部隣国で、日本が国連安保理の常任理事国入りを求めていることに対するデモが民間から自発的に起きている。アジア人民のこうした強い反響は日本当局の深い反省を引き起こすべきである。歴史を尊重し、あえて歴史に対する責任を負い、アジアと世界の人民から信用される国になって初めて国際政治においてさらに大きな役割を果たすことができる。中日両国は隣国であり、中日友好は歴史の得た結論である。われわれは歴史を鑑(かがみ)として未来に向かい、中日友好協力関係を引き続き発展させなければならない。(編集ZX)

  「人民網日本語版」2005年4月13日

  



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]