政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年04月15日14:14 (北京時間) 文字

世界最大 三星堆遺跡の青銅仮面、1年の修復終える


  今から約3000〜5000年前ごろの遺跡とされる四川省・三星堆遺跡で発掘された青銅製の大型仮面がこのほど、1年にわたる修復作業を終えた。この仮面は、青銅製仮面としては世界最大とされる。メーデー連休に一般公開される予定だ。仮面の発掘は1986年で、高さ約80センチ、幅138センチ、重さ約100キロ。

  三星堆遺跡ではこの仮面の他に、「神樹」と呼ばれる樹木をかたどった青銅のオブジェ(高さ3.96メートル)、青銅立人像(高さ2.62メートル)など多彩で神秘的な青銅器が発掘されている。同遺跡は四川省の中心都市・成都から38キロメートルの場所にある。遺跡の面積は12平方キロメートル。1929年、現地の農民が発見したが、広く知られるようになったのは1986年に商(殷)代(紀元前1600年頃〜紀元前1046年)のものとされる大型祭祀坑2つの発見から。2つの祭祀坑からは1千点に上る国宝級の文化財が発見され、世界的なセンセーションを巻き起こした。(編集SN)

  「人民網日本語版」2005年4月14日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]