政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年04月27日13:35 (北京時間) 文字

連戦主席「平和と利益共有の両岸関係を願う」


  中国共産党江蘇省委員会の李源潮書記は26日午後7時半、中国国民党の連戦主席率いる国民党大陸部訪問団と南京市の金陵飯店で会見した。李書記と連主席は、会見の中でそれぞれ次のように語った。

  ▽李源潮書記

  交流強化、対話と協力が、両岸(大陸部と台湾)の人民の共通の願いだ。連戦主席の今回の訪問は、両岸の経済・政治・文化など各方面の交流の促進、両岸関係の好ましい発展の促進、台湾海峡地域の平和と安定の保護、「台湾独立」を掲げる勢力の分裂への企図を阻止することなど、いずれにも非常に重要な意義がある。

  今年は孫中山(孫文)氏の逝去80周年に当たる。両岸の同胞はさまざまな形でこれを記念し、孫中山氏の偉大な業績を追想している。両岸関係の現在の新情勢の中で、孫中山氏への記念となる最良の行動は、両岸の人民による一致団結、「台湾独立」を掲げる勢力の発展への反対と抑制、両岸関係の健全で安定した前向きな発展の推進、孫中山氏が生涯追求した中華民族の統一、民主、富強という偉大な事業を引き続き前進させることである。

  ▽連戦主席

  長期にわたり、われわれは孫中山氏の「天下為公」(天下は公のためにある)、「博愛」、「救国」の精神、特に孫中山氏が臨終の時に残した「平和、奮闘、中国を救う」という願いを受け継ぎ、人民のために活路を探し、歴史に対する責任を担ってきた。

  互恵・相互利益、平和・利益共有の両岸関係をいかに推し進め、構築するかということは、われわれ皆にとっての関心事であり、皆が早期実現を望む目標だ。皆が理性、相互信頼、尊重の姿勢で、この目標の実現を粘り強く推し進めれば、両岸の人民に必ず安定、繁栄、希望をもたらせるだろう。(編集SN)

  「人民網日本語版」2005年4月27日

  



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]