政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年05月07日09:34 (北京時間) 文字

連戦国民党主席、上海で汪道涵氏と会談


  中国大陸部を訪問している中国国民党の連戦主席は2日午前10時45分、上海錦江飯店小ホールで、海峡両岸関係協会の汪道涵会長と会談した。

  連氏は会談の中で「92共通認識」に触れ「1993年と98年の2度にわたる『汪辜会談』(汪会長と台湾海峡交流基金会の辜振甫董事長による会談)は、後に大きな意義を持った」と語った。連氏は現在の(中国大陸部と台湾の)両岸関係を懸念するとともに、今が歴史的契機でもあるとして「両岸関係は汪会長と辜董事長が築いた全般的方向へ発展させなければならない」と述べた。

  汪会長は「今回の国民党大陸訪問が国際的に高い評価を得たことは、毎日の行程が報道されていることに現れており、私は毎日注目していた。特に国共両党が『5つの共通認識』に達したことは、人民の同意と支持を得られるだろう」と語った。

  連氏は胡錦濤総書記との会談で達した『5つの共通認識』を評価して「両岸は今をとらえて未来を築かなければならない。台湾に帰ったら積極的に推進実行していく。それが民族の繁栄した未来をもたらす」と述べた。

  汪会長は会談で、連氏が北京大学で講演した時に「今回の大陸訪問は世界潮流の変化と民意の要求に適応するものだ」と述べたことを賞賛して「この言葉を思い出して、常に自らを励ましている」と述べた。(編集ZX)

  「人民網日本語版」2005年5月3日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]