政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年05月07日09:34 (北京時間) 文字

連戦・国民党主席、実務的な姿勢を主張


  中国国民党の中央常務委員会が4日、台北で開かれた。大陸部への訪問を終えたばかりの連戦・国民党主席は同委員会で、国民党すべての構成員が、交渉と協議、経済・貿易交流など両岸関係をめぐる5分野の発展を促進する責任を持つことを指摘した。

  連主席は「今回の大陸部訪問は、国民党・共産党による意思疎通のプラットフォーム、平和・経済貿易・文化に関するフォーラムなどの設置を含め、両岸の互恵互利、利益共有の未来を打ち立てるという願いを表すものだ」と表明。今回の訪問で構築された両党の交流プラットフォームを利用し、5分野での関係改善の促進を、国民党の任務として進めていく必要があるとした。

  両岸の経済・貿易問題について、連主席は「台湾は発展情勢に対して実務的でなければならない。人民に損害を与えないためには、非現実的な立場やスローガンによって、自らをもてあそびつづけるべきではない」と指摘。大陸部が台湾へパンダを贈る意向を示していることについては「実現を楽観している。これがパンダの台湾行きの先駆けとなり、今後も続いていくことを願う」と述べた。(編集UM)

  「人民網日本語版」2005年5月5日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]