政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年05月15日11:54 (北京時間) 文字

建国以来、最大規模の海洋調査が全面スタート


  国家海洋局は15日、建国(1949年)以来最大規模となる海洋総合調査・評価事業が全面的にスタートしたことを発表した。同局の陳連増副局長によると、今回の総合調査は中国が独自に実施するもので、調査範囲・面積・領域の広さの面でも、国の資金・人材等の投入でも、空前の規模となる。

  調査の内容には▽中国近海の海洋総合調査▽海洋総合評価▽デジタル海洋情報のプラットフォーム構築――の3つがある。調査範囲は中国の内陸水系、領海、領海に隣接する一部海域の合わせて67万6千平方キロメートル。調査の事前準備作業は2004年に開始しており、全プロジェクトの終了は2009年になる予定。(編集UM)

   「人民網日本語版」2005年5月15日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp