政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年06月01日09:22 (北京時間) 文字

盧溝橋、世界遺産への申請候補に 北京


  北京師範大学で29日に開催された「2003-2004年北京文化発展報告」発行記念式で、北京市文物局が同市から世界遺産に登録申請する7候補を確定したことがわかった。「北京青年報」が伝えた。

  7つの候補はそれぞれ、皇城、北海、古観象台(天文台)、盧溝橋と宛平城、潭柘寺、戒台寺、雲居寺。うち北海は、世界遺産に登録済みの頤和園の拡大事業として申請する。

  盧溝橋は、北京市中心部から南西に15キロメートル離れた永定河に架かる橋だ。橋の東端は宛平県に当たり、乾隆帝が自ら「盧溝暁月」と題字を記した碑石が残り、「北京八景」の1つとされる。盧溝橋は1189年に建設が始まり、明・清代に大規模な修繕工事が行われた。1937年7月7日には盧溝橋事変が起こり、中国の人民の抗日戦争はここから始まった。1961年3月4日、盧溝橋とそのそばに建つ宛平城が、国務院が発行した中国最初の重要文化物保護リストに登録された。

  ユネスコ世界遺産委員会第25回会議では、「1国が1度に申請できる文化遺産は1件だけ。世界から毎年30件を選んで、世界遺産委員会が審議を行う」との新たな規定が定められた。(編集SN)

  「人民網日本語版」2005年5月30日

  

  



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp