政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年06月15日18:10 (北京時間) 文字

台湾先住民族、靖国神社に祖先の合祀取り下げ要求









  「私の祖先の魂を返せ」「台湾先住民族は日本人ではない」――。6月14日、民族衣装を着た中国台湾の先住民族グループはスローガンを大きな声で叫び、日本の東京都千代田区に現れた。彼らは共通の願いを抱いている。それは靖国神社に対して、第二次世界大戦中に日本軍国主義によって強制徴兵された中国台湾先住民族の霊を返してほしいということだ。

  午前9時、台湾先住民族代表団の一行60人は宿泊先のホテルから車で靖国神社へ向った。途中、日本の右翼分子が絶えず脅し、騒ぎを起こした。車が靖国神社の南門近くに着くと、警察官による阻止に遭った。多くの日本極右分子が「戦死した英霊を守れ」などのスローガンを掲げ、神社の境内や周辺に集まった。神社の各入口周辺は暴力団担当の警察官が水も漏らさず固め、非常に緊迫した雰囲気が漂った。しばらくして、台湾先住民族代表団はやむを得ず靖国神社での「霊魂返還の儀式」を諦め、東京弁護士会館での記者会見に向かった。

  台湾・泰雅(タイヤル)族の高金素梅さんが今回の「霊魂返還行動」の責任者だ。高金素梅さんによると、日本に「高砂義勇隊(台湾先住民族による日本軍部隊)の靖国神社合祀取り下げ」を求めるのは今回が過去3年間で7度目で、代表団員のほとんどは「高砂義勇隊」戦死者の遺族という。高金素梅さんは「台湾先住民族が祖先の霊を返してほしいと求めるのは当然、正当な要求だ。しかし日本の右翼による理不尽な妨害と警察側のさまざまな理由による阻止に遭った。人権や民主主義を自ら誇り、国連安全保障理事会の常任理事国入りを積極的に求めている日本に非常に失望した」と述べた。

  台湾の先住民族たちはさらに、かつて中国を侵略した日本軍が自ら撮影した台湾における犯罪写真を展示した。漢民族の抗日組織に対する武力鎮圧、先住民族部落での虐殺、森林資源の奪取、破壊、さらに先住民族部落に毒性のある金属で作った炊事道具を使うよう配った写真など。彼らはこれらの写真を指し、メディアに日本軍の犯罪を訴えた。日本が台湾を植民地統治した50年間、日本軍は台湾の先住民族部落に160回にわたって攻撃し、先住民族を含む台湾住民60万人の生命を奪った。日本の植民者は台湾少数民族を「高砂族」と総称した。台湾の先住民族部落の住民はジャングルでの戦いに優れているため、日本は台湾の先住民族部落から若者を選び、「洗脳」した後、強制的に徴兵し、日本による東南アジア侵略に投入するため「高砂義勇隊」と名付けた。1937年から45年までの間、日本は台湾から軍人、軍属(正式ではない兵隊で、物資の運搬など雑役に従事)を計20万人以上を徴用し、戦死率は15%に達した。日本の敗戦後、2万8000人の台湾住民犠牲者が日本の靖国神社に祭られ、そのうち約2000人が先住民族だ。

  高金素梅さんは「きょうは靖国神社で『霊魂返還の儀式』をすることができなかったが、私たちは自らの尊厳を守る。私たちは日本人ではない。私たちには自分の祖先をしのぶ方法がある。日本政府が私たちの文化的権利を尊重するよう強く求める。もし私たち一代が目的を果たせなかったら、次世代の人、さらに次世代の人が引き続き努力するだろう。日本政府が本当の良心で歴史と向き合う日が来るまで」と語った。(編集ZX)

  「人民網日本語版」2005年6月15日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]