政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年06月29日18:16 (北京時間) 文字

「懺悔と謝恩の旅」 再教育受けた日本の元戦犯ら





  中国の人民による抗日戦争の勝利60周年に合わせ、日本の「撫順の奇跡を受け継ぐ会」が組織した訪問団がこのほど、撫順戦犯管理所跡を訪れた。一行の訪問は、国内外のメディアの注目を受けている。中でも80代、90代という高齢を押して訪中した大河原孝一、高橋哲郎、綿貫好男、島亜壇の4氏は、かつて戦犯として撫順戦犯管理所で再教育を受けた経験を持つ。4氏にとって、今回の「再生の地」訪問は、得がたく貴重な「懺悔(ざんげ)と謝恩の旅」という。

  55年前、撫順戦犯管理所には日本の戦犯969人が収容され、再教育が行われた。戦犯らは1956年に次々釈放され、帰国後に「中国帰還者連絡会(中帰連)」を結成。戦争の真相を明らかにし、日中友好を促進するための働きかけに奔走している。2002年には日本の若い世代が「撫順の奇跡を受け継ぐ会」を結成し、中帰連の反戦・平和事業を引き継いだ。(編集UM)

  写真(左):中国の戦死者への謝罪のために建てられた石碑の前で、深く懺悔する大河原孝一さん、高橋哲郎さん、綿貫好男さん、島亜壇さん(左から順)

  写真(右):撫順戦犯管理所跡

  「人民網日本語版」2005年6月29日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp