政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年07月04日10:14 (北京時間) 文字

中ロ共同声明、「合同軍事演習は他国を標的とせず」


  胡錦濤国家主席は3日ロシア訪問を終え、中国とロシアは共同声明を発表した。声明は、「中ロ両国の安全保障協議システムの構築は、両国の安全保障協力が新たな段階に進んだことを示す。両国は、同システムと両国関連部門の安全協議システムの役割を十分に発揮し、新たな試練や脅威にともに対応し、両国の共通利益を保護する」と述べた。

  双方は、声明でさらに次のような考えを示した。

  中ロ両国の軍事協力は、両国の相互信頼増進に対して重要な役割を発揮し、地域や世界の平和安定保護に役立つ。双方は、両軍の協力と交流を一層推し進めていく。

  「中華人民共和国国防部とロシア国防部の合同軍事演習実施に関する覚書」の調印は、両軍の交流が新たな水準へと発展したことを示す。双方は、中ロ両国の第1回合同軍事演習の成功に向けてともに努力する。両国の合同軍事演習実施の目的は、両軍が新たな試練や脅威に効果的に対応する能力を高めることであり、いかなる第三国を標的にしたものでもない。

  双方は、現存の基礎の上に実際的な措置をとり、中ロ軍事技術協力がより高い水準、より広い領域に発展するよう促進する。(編集SN)

  「人民網日本語版」2005年7月4日

  



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp