政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年07月20日12:54 (北京時間) 文字

靖国神社に祀られるA級戦犯:東条英機


  東条英機は日本軍国主義によるアジア侵略、中国侵略の中心となった戦争犯罪人である。彼が日本陸軍大臣や内閣総理大臣を務めていた間、日本の軍隊はアジアの10以上の国や地域を狂ったように侵略し、踏みにじった。

  東条英機の父・東条英教は下士官から陸軍中将へ進んだ軍人で、東条英機は東京陸軍地方幼年学校、陸軍中央幼年学校、陸軍士官学校、日本陸軍大学で学び、厳格な軍事教育を受けた。

  1935年9月、東条は関東軍憲兵司令官として中国東北地方へ派遣され、現地住民の抗日闘争を鎮圧した。

  1937年3月、東条は関東軍参謀長に就任。6月、東条は日本軍大本営を上奏し、「対ソ戦に備えるという観点から現在の中国の情勢を見ると、兵力が許せば、まず南京政権に一撃を与え、背後の脅威を取り除くことが最上策と確信する」と主張した。七・七事変(盧溝橋事件)後、東条英機は日本軍を率いて張家口、大同、集寧、綏遠、包頭等を占領し、「察南自治政府」を樹立。東条が指揮した察哈爾作戦は、「関東軍の電撃作戦」と称され、日本陸軍から「関東軍の功績は、東条参謀長による」と評価された。東条はまた、日本政府から第一号となる「戦功賞状」を授与された。

  1941年10月、東条英機は内閣総理大臣兼内務大臣、陸軍大臣、および対満事務局総裁に就任し、陸軍大将に昇進した。これに先立って、彼はファシスト精神を誉めたたえる「戦陣訓」を発表し、日本軍将兵に「命令一下欣然として死地に投じ」、「不自由は常なるを思ひ、毎事節約に努むべし」と説いた。同年11月初め、東条をはじめとする日本政府は、御前会議でアメリカ、イギリス、オランダとの開戦を决定した。11月中旬、東条は臨時議会で戦争演説を行い、日本の侵略拡大に対するイギリスやアメリカの妨害を非難し、国民に節約を呼び掛け、「一億国民総出陣」を提唱した。臨時議会は東条の要求に応え、臨時軍費38億円の追加予算案を承認した。

  1941年12月7日、日本連合艦隊は真珠湾を奇襲し、太平洋戦争が勃発した。同日、日本軍は東条英機の命令により、タイ、マレーア、フィリピン、グアム、香港等へ次々と進攻を開始した。12月8日、アメリカとイギリスは日本と戦争状態にあると宣言した。

  1944年4月中旬、中国大陸と南洋における日本軍の連係強化のため、東条英機は在中日本軍に「一号作戦」を発令し、中国を横貫する平漢線、粤漢線、湘桂線の早期打通を命じた。これは東条が中国大陸で仕掛けた最後の大規模攻撃となる。同年7月18日、日本がアメリカとの海戦で再三にわたる大ダメージを受け、中国侵略戦争でも失態を重ねたことで、東条内閣は辞職を迫られ、東条英機は内閣総理大臣、陸軍大臣および参謀総長の職務を辞し、軍政の舞台から退いた。

   1945年8月、日本は無条件降伏を宣言した。9月12日、東条英機は自殺未遂を図り、逮捕投獄された。1948年11月12日、東条英機は極東国際軍事裁判で、戦争を発動し、他国を侵略した等の罪で死刑判決を受けた。12月22日に絞首刑が執行された。

  「人民網日本語版」2005年7月19日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]