政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年07月25日14:36 (北京時間) 文字

日本の戦時医学犯罪を暴露 福島県立医大講師


  福島県立医科大学の末永恵子講師が23日、日本・新宿で行われた「人骨発見16周年集会」で「戦時医学の実態――満州医科大学の研究」と題する報告を行った。報告で末永氏は、日本の戦時医学が日本軍国主義の植民地政策に積極的に参与し、軍事侵略を利用して医学研究を進め、さらに軍・司法と協力して医学犯罪を行った事実を詳細に紹介した。また、当時の満州医科大学が標本収集のために墓地を盗掘し、殺害された抗日烈士の遺体で医学研究を行い、生体解剖も行っていたなどの犯罪行為を暴露した。

  報告後、末永氏は記者に対し「日本の多くの戦時犯罪は、十分に暴露される前に次第に忘れ去られている。戦時犯罪を理解しなければ、真剣な反省ができないばかりか、容易に同じ轍(わだち)を踏むことになる。だから日本による戦時犯罪の研究には非常に重要な意義があるのだ」と述べた。

  ▽新宿人骨発見

  1989年7月22日に新宿区の建築工事現場で、切断・穿孔など人為的破損の痕跡がある大量の人骨が発見された。日本軍の中国侵略期、現場には陸軍軍医学校があった。(編集NA)

  「人民網日本語版」2005年7月25日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]