小泉首相の靖国参拝、王毅大使が談話を発表


  中国の王毅駐日大使は17日、日本の小泉純一郎首相が同日靖国神社を参拝したことについて、マスコミに向けて談話を発表した。王大使は「中国政府は小泉首相が、A級戦犯を祭った靖国神社をいかなる時にいかなる形で再び参拝することにも断固として反対する」と述べた。王大使はまた、「小泉首相は、中日関係を壊した歴史的責任を負うべきだ」と強調した。(編集SN)

  「人民網日本語版」2005年10月17日

  




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]