政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2005年11月11日17:58 (北京時間) 文字

恋人なしでもハッピーに 11月11日は「独り者デー」


  「ひとりぼっちのみなさん、一緒に楽しみましょう!」

  これは、11月11日の「独り者デー」に合わせて清華大学の校内BBSに投稿されたパーティー案内のキャッチコピーだ。日付に「1」がずらりと並ぶこの日は、恋人のいない若者の間で「独り者デー」と呼ばれている。

  昨年の全国人口統計によると、22〜49歳の年齢層では、女性より男性の方が1697万人多い。つまり、単純に数えると1千万人もの男性が「あぶれる」計算になってしまう。

  恋人のいない男子学生が作ったとされるこの「祝日」は、大学を巣立つ卒業生とともに社会に広まっていった。11月11日は休日ではないが、この日にユーモアを込めて「独り者デー」を楽しむことが、独身のホワイトカラーの間で現在流行になりつつある。

  「11・11」にちなんで油条(小麦粉をねって揚げた棒状の食べ物)4本と肉まん1個を食べたり、「11」番系統のバスに乗ったり、独り者仲間に「祝福」のショートメッセージを送ったり、仲間とカラオケやバー、ディスコに行ったり、ショッピングを楽しんだり――。思い思いに「独り者デー」を過ごす。

  日刊紙「中国青年報」と大手ポータルサイト「捜狐網(SOHU)」は8日、「独り者デー」に関するアンケートを共同で実施した。10日現在、アンケート協力者のうち「『独り者デー』を聞いたことがある」と答えた人は57%を超え、うち半数は「何かの形で祝うつもり」と答えた。また、「『独り者』は決して、孤独や寂しさ、味気なさの代名詞ではない。逆に、より独立し、より自由に、人生を自由に計画できる」と答えた人は約80%に上った。

  インターネットによる調査では、独身者が増えている原因について、「若者の自意識が強まり、パートナーへの注文が厳しくなったため」と答えた人は全体の40%だった。「社会環境にゆとりが出て、独り身へのプレッシャーも弱まったため」との答えは20%。

  福建華僑大学の季教授は、「『独り者デー』の出現や流行は、社会の多様化を示している。現在の若者は多くが一人っ子で、小さい頃から競争のプレッシャーと向き合ってきた。このため、いろんな形で自分の緊張を和らげようとしているのだろう」と分析する。

  社会学者の李銀河氏は、昨年3月に発表した論文の中で、「中国の社会の発展に伴い、自由の範囲が拡大を続け、人々が社会生活の中で感じる抑圧感は弱まり、一人一人が自分の望みどおりに、一番好きな生活スタイルを選べるようになるだろう」と予想している。(編集SN)

  「人民網日本語版」2005年11月11日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]