政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2005年11月14日17:40 (北京時間) 文字

80歳の日本旧軍人、重慶爆撃の「罪証」を寄付


  13日午前、三峡博物館3階の「抗戦歳月」展示室内にある「6・5重慶防空壕大爆撃」の彫刻の前で、85歳になる日本の旧軍人塩谷保芳さんは、じっとひざまずき続けた。塩谷さん自らが参戦した中国侵略戦争を心から懺悔し、旧日本軍が5年の長きにわたって続けた大爆撃を謝罪するためだった。そして当時の日本空軍による大爆撃の遺物を、罪の証拠として同博物館に寄贈した。重慶晩報が報じた。

  日本による中国侵略戦争に加わった塩谷さんは、自らを歴史の罪人と考えている。1941年から1945年の間、塩谷さんの所属した日本陸軍は、山東省、浙江省などで、中国の人民に対し、筆舌に尽くし難い罪を犯した。戦後、塩谷さんは、様々なやり方で中国の人民に謝罪したいと思い続けた。13日は、塩谷さんにとって22回目の自費での訪中だった。4年前、重慶を訪れた塩谷さんは、帰国後に「重慶大爆撃」と関わりのある当時の遺物を探すことに同意した。三峡博物館の展示内容をさらに充実させ、重慶の人民が当時の歴史について、実際に目で見て理解するためだった。13日、塩谷さんは自分で集めた当時の空軍帽や手袋、古い写真など、歴史の罪証となる品々を、三峡博物館に寄付した。(編集CS)

  「人民網日本語版」 2005年11月14日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp