政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2005年12月24日14:30 (北京時間) 文字

北京市、ユーロIII実施 ディーゼル車07年解禁へ


  「京華時報」の報道によると、北京市環境保護局は23日の記者会見で、国家自動車排ガス規制の第3段階(ユーロIIIに相当)を12月30日から実施することを発表した。これにより来年ラインオフする新型車は、必ず車載診断システム(On-BoardDiagnostics、OBD)を搭載することが義務付けられる。

  北京市環境保護局の裴成虎副局長によると、同市は「新車には新基準、旧型車には旧基準を適用」の管理原則を今後も続ける。新基準が実施されても、現有の自動車を使い続けることには何の制限や影響もないという。

  裴副局長は、「ユーロIIIの実施後、各車の生産コストは1千〜2千元増加するだろう。北京市環境保護局は、基準をクリアしない自動車には車両登録手続きを行わない」と話した。

  北京市環境保護局は同日、同市が小型ディーゼル車への排ガス規制第4段階(ユーロIVに相当)を2007年1月1日から実施することを発表した。また、これに合わせて、同市がディーゼル車を解禁することも明らかになった。(編集SN)

  「人民網日本語版」2005年12月24日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]o.jp