政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2005年12月30日11:23 (北京時間) 文字

農業税の歴史に幕


  第10期全国人民代表大会(全人代)常務委員会は29日の第19回会議で、1958年6月3日の第1期全人代常務委員会第96回会議で可決された「農業税条例」を、2006年1月1日より撤廃すると決定した。新華社が伝えた。

  中国政府は2004年に農業優遇策として農業税の減免を開始し、2005年までに8億人近くの農民が直接の恩恵を受けた。29日の決定は、この農業優遇策を国の法律レベルに引き上げるものだ。

  全人代常務委員会法律工作委員会の担当者によると、国による税の創設または撤廃は、全人代および全人代常務委員会のみの立法権に属する。国務院は法律に照らし、その権限を与えることができるだけだ。農業税の減免はすでに国務院で決定されていたが、完全撤廃の権限は全人代および全人代常務委員会のみが持つ。農業税条例の撤廃は、農民がもう納税しなくていいという意味ではない。同担当者は「農民が商業を営み、会社を設立した場合は、相応の納税が必要だ。これは都市と農村の税制統一にプラスだ」としている。(編集NA)

  「人民網日本語版」2005年12月30日



関連報道
06年から農業税を全面撤廃へ 2600年の歴史に幕  
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]