第二地銀や信金など330機関、ATM相互入金スタート


  第二地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫の計330金融機関で4日、現金自動出入機(ATM)での入金業務の相互開放が始まった。参加機関のキャッシュカードを持っていれば、他の参加機関のATMから、標準で105円の手数料を払って紙幣を入金できるようになる。

  全国の第二地銀16、信金223、信組80、労金11機関が「相互入金業務協議会」を設立。5月までにさらに31機関が加盟する予定だ。同協議会は今後、大手銀行や地銀、農協などにも参加を呼びかける方針。

  「asahi.com」 2006年1月4日

  Copyright 2005 Asahi Shimbun  記事の無断転用を禁じます。




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]