新疆北部で雪害 62万人が被災


  新疆ウイグル自治区北部の阿勒泰(アルタイ)地域や塔城地域でこのほど大雪が続いている。交通に影響が生じ、家屋倒壊なども起き、山地の遊牧民や家畜がトラブルに見舞われている。民政部の5日の発表によると、今回の雪害で被害を受けた人は62万2千人、一定の地域から出られなくなった人は22万4千人、緊急避難者は9万7千人に上る。(編集SN)

  写真:新疆ウイグル自治区阿勒泰地域の道路で、除雪作業に当たる救助隊

  「人民網日本語版」2006年1月6日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]