政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2006年01月31日13:18 (北京時間) 文字

縁日「廟会」で味わう北京名物 (2)









  北京の昔なじみの「廟会」(寺や廟で行われる縁日)で売られている食べ物は、庶民が日常的に街で食べるものと同じで、いずれも「北京っ子」の大好物だ。北京ならではの縁日の食べ物は、20世紀初頭の清末期から、20世紀半ばの中華人民共和国の建国、そして現在まで、ほとんど変わっていない。北京の日刊紙「京華時報」がこのほど、北京の縁日の食べ物を紹介した。

  ■茶湯、油茶

  「茶湯」とは、炒ったキビ粉に砂糖を加え、煮たぎったお湯をかけて粥状にしたもの。「油茶」は、牛の油脂または植物油で小麦粉を炒めた後、砂糖を加え、沸騰したお湯をかけたもの。「茶湯」「油茶」とも、実際は茶葉を使わない。食べるときは、サンザシの細切り、砂糖漬けにしたミカンの皮の細切り、クルミの実、ヒマワリの種などをトッピングする。口に入れると、甘く香ばしい。

  ■豆面コウ(コウは米に羔、餅の意)

  きな粉餅の一種で、別名は「驢打滾児」(転がるロバ、の意)。モチキビ粉で作った生地を蒸した後、台に広げ、きな粉と砂糖をまぶし、巻き寿司のように巻いた後、輪切りにする。横から見ると、渦巻き状になっている。または、大福のように小豆あんや砂糖を餅で包んだあと、きな粉の衣をつける場合もある。

  ■炒肝

  「レバー炒め」という意味の名だが、実際は豚の大腸の煮込みにレバーを少し加えたもの。スープ(キノコを入れてもよい)で作ったあんをかけ、おろしニンニクを少し加える。よりおいしく食べたい場合、花山椒を揚げた油を少したらすと、さわやかでスパイシーな味わいになる。
(編集UM)
「人民網日本語版」2006年1月31日



関連報道
縁日「廟会」で味わう北京名物 (1)
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp