政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2006年03月02日14:50 (北京時間) 文字

中国の発展、まだ「粗放型」 中国科学院報告


  中国科学院(科学アカデミー)が1日に発表した「2006年中国持続可能な発展戦略報告」によると、世界の主要国家59カ国の資源利用効率を評価した番付のうち、中国は56位で、最下位グループに含まれた。

  報告は、節約型社会を総合的に評価する「節約指数」を初めて導入し、世界の国内総生産(GDP)合計の96%を占める59カ国に対して、総合的な評価と番付を行った。資源利用効率の番付では、首位から順に、デンマーク、スイス、アイルランド、英国、オランダ、ノルウェーが上位を占めた。一方、中国は、5種類の資源を対象に算出された単位GDP当たりの資源消費量で、世界平均の1.9倍に達した。

  報告は、中国と先進国では資源の消耗率に大きな差があることを示している。中国は、資源・エネルギー集約型の経済成長モデルから完全に脱却したわけではなく、依然として、発展モデルは他国と比べ非常に粗放的だ。

  節約指数とは、ある国や地域での各種資源の消費や、汚染物質の排出などの効率を、世界や国全体と比較した加重平均を使って割り出した指数。報告は、一次エネルギー、淡水、セメント、鋼材、常用非鉄金属など5種類の資源・原材料の消費量から、節約指数を割り出した。(編集SN)

  「人民網日本語版」2006年3月2日

  



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]