政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2006年03月29日16:56 (北京時間) 文字

人民銀の周行長「貿易均衡を2、3年後に実現」


  中国人民銀行(中央銀行)の周小川行長はこのほど開かれた中国発展ハイレベルフォーラムで「中国政府は既に、内需拡大、貯蓄率の抑制、市場開放、為替レートの変動、並びに輸入拡大などを組み合わせた政策を実施し、国際収支のバランスを改善している。これらの施策を段階的に実施することにより、中国は期待される貿易の基本的な均衡を実現する見込みだが、それには約2、3年の時間を要するだろう」と表明した。

  ▽周行長のその他の発言は、以下の通り

  中国は、改革開放による要請に合わせ、どちらかと言えば固定的な為替レート(決定システム)から、より柔軟な為替レート(決定システム)へと、漸進的に転換しつつあり、国際的にも広範な支持を得ている。(中国の為替政策が)「為替レートの操作」であるとする見方は、広く支持されることはないだろう。中国の貿易均衡をみるのならば、単年ではなく、数年単位のデータを見るべきた。そうすれば「中国は(低く抑えた)為替レートを利用して、貿易での優位性を得た」という言い方はできない。

  外貨準備高については、中国は管理された変動相場制を取っているが、中央銀行は外貨市場に対する管理を状況に応じて少しずつ緩めていくつもりだ。外貨準備高の急速な伸びもまた、少しずつ緩和するだろう。似たような水準の国であっても、対外債務の規模や域外企業家による直接投資(FDI)の総量に違いにより、外貨準備高も変わる。外債は返済しなければならない。FDIに対しては配当を出さなければならず、資本を引き上げられる可能性もある。これらの要素は全て、外貨準備高の水準に影響するものだ。1人当たりの平均からみても、中国の外貨準備高は高くない。(編集CS)

  「人民網日本語版」 2006年3月29日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]