政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2006年04月06日17:32 (北京時間) 文字

垂直パネルで野菜栽培 省スペースで安定的収穫可能に


  垂直のパネルでレタスを育てる珍しい実験が兵庫県三田市で進められている。少ない面積で効率よく収穫できるうえ、密閉された屋内で栽培するため害虫などの心配もない。同市で農業を営む丸元誠一さん(65)が植物栽培プラント会社「きゅぶふぁーむ」を立ち上げ、神戸大農学部と共同で研究している。

  実験装置は「超高密度植物垂直ミスト水耕プラント」。床面積約13平方メートル、高さ5メートルの工場の中で、幅1.8メートル、高さ90センチのパネル8枚を2列に積み上げレタスを栽培している。植物栽培用の特殊な蛍光灯を光源にし、栄養分を含ませた霧を吹きつける。露地栽培の3分の1の期間で収穫できるという。実用化のめどはついたといい、将来的には果菜類などにも取り組んでいく。

  研究に協力している神戸大農学部の金地通生・助教授(46)によると、成分、栄養分は露地栽培とほとんど変わらないという。丸元さんは「自然災害にも強く、安定した収穫が見込める『野菜工場』は次世代の農業。リスクの少なさが低価格につながり、消費者の利益になる」と話す。問い合わせは「きゅぶふぁーむ」(079・568・0239)へ。

  写真:垂直パネルで栽培されるレタス=兵庫県三田市で

  「asahi.com」 2006年4月6日

  Copyright 2006 Asahi Shimbun  記事の無断転用を禁じます。



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp