日本人僧が戦争を謝罪 2度目の訪中 長春市


  日本山妙法寺(東京都渋谷区)の僧侶、岩田隆造さん(70)が7日、長春市を訪れ、日本が中国侵略戦争の中で犯した犯罪行為を中国の国民に謝罪した。岩田さんは昨年の抗日戦争勝利60周年の際に、自費で初めて訪中し、謝罪を行った。岩田さんは今回の訪中で、上海市、武漢市、重慶市、西安市、洛陽市、北京市、吉林省などを2カ月かけてまわる。(編集SN)

  「人民網日本語版」2006年5月8日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]