政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2006年05月18日14:53 (北京時間) 文字

中国北部に再び黄砂 今月4回目に


  北京市は17日、強い黄砂にまたもすっぽりと覆われた。午前中には市街地の一部で、視程距離が1キロを切る悪天に見舞われた。今回の黄砂現象は15日ごろから観測され、内蒙古中部の北東部、黒竜江省中部、天津市、河北省中部、山西省中部などで、空中を黄砂が漂い視程距離が10キロを切る「浮塵」、風力6以上(風速10.8メートル以上)の風を伴う視界が10キロ未満の黄砂現象「揚沙」が観測された。 16日には、風力7以上(風速13.9メートル以上)の風を伴い、視界が1キロを切る砂嵐 「沙塵暴」も観測された。現在は次第に勢力が弱まっている。中国北部での黄砂が見られるのは、5月に入って4回目となる。

  中央気象台の高級工程師(上級技師)を務める喬林氏によると、黄砂現象が多発するのは毎年2月から5月で、中でも3月と4月が最も多いが、5月に発生することも珍しくない。黄砂現象の発生は、寒気とモンゴルに発生する低気圧の発達と関係があるとされる。通常は、5月に入ると北方の寒気の勢力が弱まり、モンゴル付近の低気圧が発達しにくくなるため、強風も生じにくくなる。また、降雨量も増加して地表が湿るため、黄砂の飛散が起こりにくい。しかし、雪が溶けて地表が露出し、乾燥しやすくなるため、条件がそろえば黄砂現象が起きる。モニタリングによると、18日には強い寒気が西から東へ移動し、西北地方の天気に影響する見込み。新疆ウイグル自治区の北部・北東部、塔里木(タリム)盆地、青海省の柴達木(ツァイダム)盆地、甘粛省西部、内蒙古自治区の渾善達克(フンサンダック)砂漠、科爾沁(ホルチン)砂漠で黄砂に見舞われる見通しで、中でも吐魯番(トルファン)から哈密(ハミ)にかけては、砂嵐が発生するおそれがある。(編集NA)

   「人民網日本語版」2006年5月18日



関連報道
砂漠化・黄砂の対策 「任重くして道遠し」
砂漠化・黄砂の対策、5方向からの総合措置を
新疆で黄砂観測地点を33カ所増設 計50カ所に
「黄砂は3経路から侵入」中国の気象研究が解明
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]