政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2006年05月25日09:34 (北京時間) 文字

コミュニケーションの壁を越えて


  人と知り合った時、私が日本社会論を専攻していると知られたら、いつもこう聞かれた。「中日関係についてどう思いますか、どこに問題があると思いますか。」

  いつもその場の思いつきで答えていたが、どうも物足りないような気がしてならなかった。特に中日関係が必ず良いとは言えない今は、慎重に答えなければならない。

  日本語を勉強し始めて、既に五年経った。アイウエオから平仮名、片仮名を覚える時に味わった難しさとつらさは今でも忘れることはできない。元々フランス語学部を志望し、なんらかの理由で日本語学部にわり振られた私は、最初の頃は勉強に対してあまり熱心ではなく、大学院まで行けるとはまったく考えなかった。しかし、勉強するほど、日本をもっと知りたいという気持ちがだんだん強まってきた。結局、大学卒業の際、企業からいただいた内定を辞退して、大学院へ行って勉強を続けようと決心した。今、日本政府のODAで建てられた日本学研究センターで日本社会についての勉強を毎日している私は中日友好のため、責任を負うべき立場にあるとしみじみ感じている。中国と日本の間にはどんな問題があるのだろうか。私はやはり両国間のコミュニケーションに大きな壁があるのだろうと思う。

  しかも、この大きな壁は一つだけではなく、何重もある。まずは長い歴史の中において形成された文化的、伝統的な差異。同じ東洋の国であっても、生活慣習、意識、道徳基準等はかなり食い違っている。しかし、このようなカルチャーショックはどんな国の間にも必ず存在するため、問題の根源にはならないと思う。もう一つの壁は近代の歴史的問題だ。この問題がかなり注目されているが、それよりもう一つの壁こそが両国の友好を最も阻害しているのではないかと思う。それは今中国人が日本と日本人に対して、日本人が中国と中国人に対して、理解が非常に浅く、不十分に留まっている現実だ。この間、現在日本政府の指導者達の中で中国の実情を知っている人すら少ないという新聞記事が紙面を賑わわせていた。それは中日友好にとってどれほど危ないだろう。しかし、もっと危ないのは両国人民の多数は互いの国に対し、理解が悲しいほど足りないことだ。中国は閉鎖的な国で、中国人は階級闘争に身を投じていると思っている日本人が多い一方で、日本人はお金を持って再び中国を侵略しようとしているのではないかと思っている中国人も少なくない。このような誤解が存在すれば、中日友好が前へと進むのは難しいだろう。

  大学時代の日本人の友人のことを思い出した。キャンパスで散歩していた私は偶然に田沼さんという日本人の女性と出会い、仲良くなり、互いの言語教師を始めた。ある日、彼女はこう言った。「北京に来る前、北京では全ての人が画一的で、地味な服を着て、自転車で通勤する風景だけを想像していた。北京に高層ビルが林立し、無数の車が道を走っているとは全然思えなかった。」韓国のある大学で二十年も日本語を教えてきた人の言葉として、驚いたというより、悲しく感じた。しかし、田沼さんとの付き合いを通して、自分も日本に対し十分理解できておらず、反省すべきところも多くあることにも気付いた。もし彼女が教えてくれなければ、今でも北京国際空港が日本のODAで建てられたということを知らなかったかもしれない。

  なぜこのような相互理解の不足が生じたのか。これは中日両国においてマスメディア機構が役割を果たしていないからだと思う。メディア機構は中日友好を促進するため機能しなければならない。そうでないと、アジアカップ事件のように逆に中日関係を悪化させることになる。中国と日本の友好関係は両国人民の相互理解の上に成り立つものだ。メディアの機能を生かし、相互理解を深め、コミュニケーションの壁を乗り越えることこそ、中日間の問題を解決するためには最も重要だ。(北京日本学研究センター 龍麗莉)

  特別提供:日本僑報社・日中交流研究所 http://duan.jp



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp