政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2006年05月25日09:39 (北京時間) 文字

■開催経緯■


  このたび、日中交流研究所の主催する「第一回中国人の日本語作文コンクール」を無事に開催することができましたこと、関係者の皆さんに心から御礼を申し上げます。

  国際交流研究所大森和夫・弘子ご夫妻をはじめ、国際交流基金、中国日語教学研究会、北京日本学研究センターなど皆様の温かいご指導ご支援、多くの作文を送って頂いた八十五カ所の大学の先生方と一八九〇名の大学生の皆さん、第一次及び第二次審査を担当していただきました皆様、作文コンクールを後援してくださいました各団体、そして「第一回中国人の日本語作文コンクール」表彰式にご支援ご協力くださいました皆様に心から感謝致します。

  今回の作文コンクールは、募集要項に書きましたように、国際交流研究所の大森和夫・弘子ご夫妻が個人的に日中友好のため二〇〇四年まで十二回続けてきた「中国の大学生、院生『日本語作文コンクール』」を継承したコンクールの第一回です。私たちにとって初の開催であったため、不慣れな部分が多くあり、皆様に多大なご迷惑をかけたことに対して、心からお詫びを申し上げます。

  作文募集から審査まで、大森先生ご夫妻からいろいろノウハウをご指導いただき、困ったとき、分からないときはいつも相談に乗っていただきました。この場を借りて大森先生ご夫妻に深くお礼を申し上げます。

  今回は、大森先生への敬意を込めて、前の十二回にはなかった「特賞・大森和夫賞」を設けさせていただきました。六十四本の受賞作品の中から、もっとも得点の高い優れた一本を選びました。初の大森賞に受賞された学生に心からお祝いを申し上げます。(日中交流研究所長 段躍中)



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp