政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2006年05月25日09:34 (北京時間) 文字

平和の花―中日友好のために


  あなたは「紫金草」という花をご存じですか? そして、この花にまつわる平和を願う人々の物語をお聞きになったことがありますか?

  私が初めてその花を見たのは、小学生の時でした。春の遠足で私のクラスは南京市の郊外にある紫金山へ行きました。バスを降りたとたん、私の目に飛び込んできたのは、辺り一面に咲いている薄紫の野の花でした。小さな花が三月の風にユラユラと揺れていて、まるで紫の海のようです。名前さえ知らないその花が、私は一目で好きになりました。その花は、牡丹ほど華やかでもなく、蓮華ほど麗しくもありません。しかし、質素で、飾り気のないその花に、私は、春の希望を感じたのでした。

  私が再びその花に出会ったのは、高校二年生の時でした。その春、愛国教育の一環として、高校の生徒全員で南京大虐殺記念館を参観しました。南京人として、歴史を学ぶため、私はもう何度も記念館を訪れていましたが、血生臭い写真や虐殺された人々の骨が並ぶ展示室に足を踏み入れると、私はやはり身の毛がよだつほどの恐怖を感じました。暫くして、深い悲しみに浸りながら、暗い展示室から出た時、記念館の一角に、静かに咲いている紫の花が目に映りました。そうです、紫金山の麓に咲いていたあの花でした。

  花は春の日差しを浴びて、優しくほほえんでいるかのようです。側には「歴史を忘れず、未来に向かう」そして、「平和の誓い」と刻まれた二つの石碑が立っていました。解説員の話から、その花の名前が「紫金草」だということや、「日本紫金草合唱団」の人々が、南京での公演記念として、この花を植えたことを知りました。

  でも、どうして、ここに、この花を植えたのかしら? この花には何か意味があるのでしょうか?

  実はこの花には、平和を願う人々の深い思いと長い歴史があるのです。

  それは、今から六十年余り昔、日中戦争で廃墟となった南京の紫金山の麓から一人の日本兵が、この花の種を持ち帰った時から始まります。その人は犯した罪の深さに苦しみ、戦死者への鎮魂と贖罪、平和への祈りを込めて、この花を「紫金草」と名付け、日本中に花の種を蒔き広めました。その後、多くの日本人がこの活動に加わり、六十年の間、鎮魂と平和への祈りは「紫金草」と共に今では日本中に広がり続けているそうです。

  今年の三月、「紫金草」の咲く頃、私たち南京大学日本語科の学生は、「紫金草合唱団」の方々と交流する機会を得ました。そして、「平和の花、紫金草」という歌を聴かせて頂きました。「過去のあやまち 忘れぬように いのりをこめて 花を捧げよう」――遥々やって来た老人達の少し震える歌声を聞いて、私はまぶたの裏がかすかに痛くなりました。

  私は、中国人として、南京人として戦争を憎みます。戦争の怖さを忘れてはならないと思っています。同時に「花が好き、歌が好き、平和が好き、人間が好き」そんな日本人がたくさんいることも知っています。

  歴史の不幸は取り返せません。私たちにとって今大切なのは、過去のためにお互いを敵視するのではなく、歴史の悲劇を二度と繰り返さないよう、努力することではないでしょうか。平和は大砲の口にきれいな花を咲かせる力を持っています。すべての人が花が好きだとは限りませんが、目の前で炸裂した砲弾が好きな人は一人もいないに決まっています。「大地の友と ともに生きる」という歌詞の通り、中日の友好が深まってこそ、両国は明るい未来が迎えられるのです。私は、平和を願う一粒の種となり、両国の友好のために小さな花を咲かせたいと思っています。(南京大学 高 静)

  特別提供:日本僑報社・日中交流研究所 http://duan.jp



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp