政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2006年06月22日11:21 (北京時間) 文字

青蔵鉄道、移動通信システム「GSM-R」を搭載


  青海省の格爾木(ゴルムド)と西蔵(チベット)自治区の拉薩(ラサ)を結ぶ青蔵鉄道がまもなく開通する。同鉄道には全国初の試みとして、鉄道向け移動通信システム「GSM-Rシステム」が搭載される。ほとんど人の住まない高原で、通信や制御信号の伝送を行うためのシステムだ。

  同とは、鉄道向けに設計された総合的なデジタル移動通信システム。音声伝送機能だけでなく、より重要なデータ伝送機能にも対応している。衛星測位システム(GPS)や機関車搭載のコンピューターとの連携により、機関車と地上との列車制御信号がリアルタイムで伝送でき、運行のコントロールや安全確保に役立てられる。(編集KS)

  「人民網日本語版」2006年6月19日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]