南北朝時代の墓見つかる 天津・斉荘遺跡





  天津市文化遺産保護センターが進めている同市武清地域・斉荘遺跡の発掘調査で2日、南北朝時代の北朝(368〜581年)のものとみられる墓が2基発見された。南北方向に安置されたレンガの棺からは、夫婦とみられる男女が合葬されているのが見つかった。このほか、両面が観音像になっている彩色陶器なども出土した。(編集UM)

  「人民網日本語版」2006年7月3日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]